Q最初から丸一日預かってくれますか?
Aならし保育というシステムがあり、園児が初登園してから1週間程度は園児が保育園に慣れるまでは 早めに降園します。個人差にも因りますが、ならし保育が1週間以上必要な場合もあります。

Q保育園に入園する時に、入園金は必要ですか?
A入園金は必要ありません。

Q毎月の保育料はいくらですか?
A野江まつのはな保育園の保育料は、認可保育園ですので、市役所の基準で算定された保育料となります。また、延長保育を利用された場合は別途にその料金が必要となります。

Q法定伝染病ではない手足口病・とびひなどであれば、登園してもいいのですか?
A医師の許可のもとで登園は可能です。法定伝染病以外の手足口病やとびひ等でも人に感染する可能性がある場合は登園できません。その場合は、集団生活が可能な状態になったのであれば医師より発行される治癒証明を保護者の方に提出していただき登園するようになります。
保育士が水泡などを発見した場合は、その段階ではどんな病気なのか分からないため、一度医師に診察していただき、感染の可能性が無いものでも診断書を提出していただくことがあります。これは軽い病気でも感染を拡大しないためでもあり、すべての保護者にご理解をお願いいたします。

Q車での送り迎えをしていいですか?
A保育園の前面道路は一方通行であり、自転車の利用者も多く、学生の登下校にも使用されています。また、当園は付属の駐車場がございません。安全のためにも緊急時以外の車での送り迎えは禁止します。30台以上の駐輪スペースを設けておりますので徒歩もしくは自転車での送り迎えをお願いいたします。

Q園庭はありますか?
A当園には土の園庭はございません。ただし、2歳児以上の保育室にはベランダに接するようになっています。
保育室が2Fにある2・3歳児には約60u、保育室が3Fにある4・5歳児には約90uのベランダ型の園庭があり、階段で上がれる屋上には約100uの園庭が有ります。

Qオムツはどうなっていますか?
A園としましては、”布オムツで“との思いはありますが、保護者の方に布オムツか紙オムツを選んでいただこうかと思っております。

Qお昼寝はしますか?
A一日の大半を、保育園で過ごす子ども達の身体の疲れや脳を休めるためにも、お昼寝は必要です。1歳児以上は、個人使用のハンモック状の通気性のいいベッドとそれにあわせたフトンもしくはタオルケットでお昼寝していただきます。また年長児は、子ども達の状態にもよりますが目安として、運動会の後頃から回数を減らし、徐々にお昼寝をなくしていき就学前の準備をしていきます。

Qフトンはどうしますか?
Aフトンはリースで、ベッドもリース料金に含まれています。リース会社にフトンは、毎週洗濯・消毒していただきます。フトンはご家庭に持ち帰って、洗っていただく必要はございません。

Q給食ですか?
A非常に重度な食物アレルギーを有される園児の方以外は給食となっています。

Qこどもに食物アレルギーがあるのですが、対応していただけますか?
A対応させていただきます。アレルギーの園児に対して、医師の診断書とアレルギー除去食依頼書を園の方に提出していただき、医師の指示に基づいて除去食を実施いたします。
アレルゲンの食品を使用しない料理と、可能であれば代替の食品を使い他のお子様と同じような給食の仕上がりを工夫させていただきます。
毎月の献立は栄養士が事前に考慮し、クラス担任や保護者と相談しながら進めさせていただきます。

Q新設の保育園ですが、保育はきちんとできますか?
A保育のレベルを担保するために保育所や幼稚園に十分な勤務歴のある方も雇用させていただいています。

Q病気の時の対応についておしえて下さい。
A野江まつのはな保育園の嘱託医は泉岡医院にお願いしております。

Copyright (C) 2009 Noematsunohanahoikuen All Rights Reserved.